FC2ブログ

吉原ソープを中心とした風俗体験日記

写真詐欺、許さない。写真修正を何よりも嫌う管理人=チナスキーが、吉原ソープを中心に自らの風俗体験を綴ります。プレイ内容や写真との違い、店員の質も評価します。「大人の男性」が楽しめるブログを目指しています。

アムアージュ 3回目(雄琴) - 女性に慣れていない男ならハマるはず

みなさん、こんにちは。

新年度が始まって2週間、みなさん如何お過ごしでしょうか?この時期はとりあえず入店したけれど、全然出勤しないという「広告要員」みたいな嬢が多いように思えますが、気のせいでしょうか。

さて、今回はすっかり馴染みになりました雄琴のアムアージュのレポートです。先日、ツイッターを眺めていたら、「峰エリ」さんが入店したというツイートがありまして、個人的にはツイッターで騒いだのですが、総スカンを喰らいました。世知辛いものです。


←その峰エリさんの最新作です。過去の作品を見ると結構評価が高いですね。有名な女優になったら料金が2倍になるんじゃないですか???



【お店データ】
場所:滋賀県雄琴
支払った総額:49,000円(100分 50000円 - シティヘブンの割引チケット3000円 + 予約指名料2000円)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~23時45分
入店時間:平日昼頃
待ち時間:5分
混み具合:他に0人

Title:amouage perfume, Copyrighted by AL-MUQDAD AL-MAAWALI


【お店の雰囲気と店員さん】
平日の昼前後の雄琴は静かだった。地方の田舎の道を進んでいくと、どーんと昭和のホテル集落のようなソープ街が出現する。送迎車とタクシーが狭い道を行ったり来たりしている吉原と比べると、何もかもゆったりして見えた。

3回目ともなると、特に内装には驚かない。客は私だけだった。フロントで料金を払い、案内部屋で飲み物をすすっていると、案内の声がかかった。


【女の子】
今回予約したのは、「結○」さん。店のおすすめだった。プロフィールの年齢が24歳だから、この店の平均年齢からすると、ちょっとおねーさんである。

彼女は白い内装に映える真っ赤なドレスを着ていた。「引きずり女」みたいに、長い帯をひきずっている。いかにも「夜のお仕事」用に作られたドレスだ。

矢井田瞳をずっと可愛くしたようなお顔だった。口元がややアヒル口でちょっとだけ大塚愛にも似ている。美人である。固まるぐらいの美人というわけではないが、世間一般からすると美人と言われるだろう。

ニコニコしていてとても感じがいい。24歳というプロフィールとホームページの画像(特に最後の女尻ポーズの画像)から、30歳前後の女性を想定していたが、20代半ばくらいに見えた。よく言えば写真や動画よりも若く、悪く言えば写真や動画ほど大人っぽくはなかった。

優しい、柔らかい物腰である。保母さんっぽいと思った。


【サービス】
彼女は私の手を取って部屋に連れて行った。ソファ(この店の部屋には長いソファがある)に私を座らせると、少し斜め右に座って挨拶をされた。続いて、服を一枚ずつ脱がされていく。

私が下着姿になると、今度は私が彼女の服を脱がせた。尻が白くてでかい。扇情的な尻だ。太ってもいないし、ぽっちゃりでもないが、服を脱いだ彼女は、服を着ていたときよりもムッチリしていた。

下着は自分で脱ぎ、私の手を握って風呂場へ連れて行った。即即プレイはないようだ。まあ、それはそれでいい。

会話をしながら、体を洗われる。聞き上手らしく、私に質問をしてはそこから話を展開していった。こういう人と話していると自分が「その世代の男性代表」になったような気分になってくる。

彼女は、その態度のように、ひとつひとつのタッチがとても丁寧で柔らかかった。指をワサワサと動かすゴールデンボールズ洗いがとても気持ちがよかった。余談だが、この「ゴールデンボールズを指でワサワサ」はハードルの低そうなプレイだが、なかなか体験することのない小技である。なぜか格安店にはこのプレイをするビジネスパーソンはいない。

風呂に入ると、彼女も入ってきた。やはり丁寧にフェラチオをされる。彼女の唇が私のペニスを包み、じれったいくらいにゆっくりと上下した。その温かさときたら!!!そして浴槽にもたれている私に近づいてきて、キスをされた。即キスであった。私の白く光る歯が魅力的だったからに違いない。

柔らかいキスだった。彼女の舌が、彼女の人生のひとときを私の口の中に滞在した。そんなキスだった。

「マットの準備をしますね」

唇を離すと、彼女はそう言って、マットの準備をはじめた。アムアージュは受付の後に、希望するサービスのアンケートを書くのだが、私は「お任せ」にチェックしていた。

100分というマットとベッドの両方をするには短く、片方だけでは長い。多分、彼女は時間配分を考慮していたのだろう。マットは「みっちり」という感じではなかった。だから、もったいぶらずに早々にRimingをされた。私の尻の裂け目に彼女は舌の舌が押し込まれた。カワイイ女の子に尻の穴を舐められる悦び。幸福とはそういうことだ。

「結○」さんのムッチリ体型とスベスベした肌はマットに適してるらしく、とても気持ちがよかった。チャキチャキと進めるわけでもない、ゆっくり過ぎるわけでもないペースもちょうどよかった。博多もそうだったが、地方ソープはマットのレベルが高いらしい。

ゴムを被せてマットの上で致したが、簡単にイケるものではない。適度に疲れると、我々はマットを切り上げて、ベッドに向かった。

ベッドに移ってからは、特別なことはなかった。一般的なソープのサービスだ。時間があったのでちょっと攻めたが、反応は普通であった。濃厚、情熱的というわけではなかったが、落ち着きのある大人のチョメチョメだった。手の平が合うと、ぎゅっと握ってくれた。

ゆっくりと時間をかけて、私は最後に到達した。ベッドで横になって余韻を楽しみたかったのだが、その時間はなかった。やはり100分でベッドとマットの両方はせわしない。


【まとめ】
安定感のある方だと思う。美人だし、真っ白でツルツルのお尻は大きく、性欲をそそった。女の尻の魅力なんて言葉では伝わらないだろうが、実物を見れば私がここに書いていることも理解されるだろう。大きなお尻のせいで腰が括れていて、スタイルは悪くない。お腹は凹んではいないが、少なくとも出てはない。

細かいところに気をつかっているのも見受けられた。清潔感があり、どこからか「仄かないい香り」を放っていた。肌も綺麗だ。陰毛は恥丘の上辺りを自然に残し、あとは綺麗に処理されていた。

欲を言えば、もう少し「エロさ」があれば「満足度5」だったか。しかし、「エロさ」にも好みがあり、また「ソープ経験人数」によって印象は変わると思われる。先日の川崎の有料記事の方や、昨年多恋人倶楽部で会ったドMの方が提供するような、どっぷりと濃いプレイを好む方には物足りなさがあるだろう。

プロフィールで24歳ということは、吉原の感覚なら若くても30前後か30代前半くらいと想像していたが、私には30代には見えなかった。もっと大人っぽい女性を想像していたので、その辺りは評価の分かれるところかもしれない。

一方で、普段はデリヘルを利用している人が彼女のサービスを受ければ、その丁寧なサービスに感動するかもしれない。女性経験が少ない人には、お仕事を感じさせない、あの柔らかな態度と体に心地よさを感じるだろう。そういう意味では、どちらかというとソープ初心者向けか。あるいは安心を求める男性向けでもある。

いずれにしても、ルックスも内容も100分の料金には見合っている。吉原の高級店でも通用するだろう。


【5段階評価】
総合満足度:4
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:4(美人)
スタイル:4(どちらかというとムッチリ。お尻が綺麗だった)
サービス:3(丁寧だけど個性はちょっと足りない) 
嬢の印象:素人系、初心者向け
写真とのギャップ:良くも悪くも写真より若く見えた


【関連記事】
2016年02月24日投稿 アムアージュ 2回目(雄琴) - 栗の皮を剥いて露出した桃色の真珠
2015年11月18日投稿 アムアージュ(雄琴) - 若ければコミュニケーション能力なんて要らないと思ったら大間違いだぜ

コメントの投稿

非公開コメント

どの店にするべきか

記事、大変参考になりました。
今度、雄琴で初ソープに挑戦しようかと考えている童貞なのですが、お店選びで難航しています。
ブログ主さんは雄琴だとアムアージュ一択のようですが、そこにはやはりアムアージュが雄琴で一番安定しているなど、ブログ主さんの考えがおありになるのでしょうか?
アムアージュにするかアマンクロスにするかで悩んでおります。もしお考えがあればご教授下さい。

Re: どの店にするべきか

「雄琴に行きたい」さん

先ずはブログ主が書いた下の記事をご覧ください。
http://fuzokudia.blog59.fc2.com/blog-entry-274.html

アムアージュに行っているのは、当ブログがアムアージュの広告を掲載しているからです。吉原だったら色々な店を試したいと思いますが、雄琴はホームではないので、他の店を試す気になれません。

上の記事にも書いていますが、いい店があったとしても「雄琴に行きたい」さんのタイプの女性に会わなければ、残念な結果になるわけです。好みの女性に会うのが目的であって、いい店に行くのが目的ではないですよね。

だからお店選びに悩むのは意味がないと思います。先ずは好みの女性を探した方がいいと思いますよ。でも、それも難しいですよね。写真で選ぶのか?写メ日記の内容で選ぶのか?プロフィールで選ぶのか?決められなければ、当ブログのようなネットの情報を参考にするのも手でしょう。

あれこれお悩みください。真剣に悩めるのも、初心者の方の特権だと思いますよ。

今回の方は、童貞の方にはいいと思いますけどね。優しい雰囲気なので。私の統計上、初めての方は、エロエロな女性より優しい女性の方が満足する確率が高いです。

はじめまして
待合室でユンケル皇帝液が出たとおもいますが
あれは日野さんには効果ありますか?
他の同クラス店では
待合室ではどのような飲食物が出ますか
栄養ドリンク出るお店けっこうありますか

Re: タイトルなし

オマーンさん

はじめまして。コメントありがとうございました。

ユンケルの効果はあまり実感したことはありません。
雄琴はアムアージュしか知りませんが、吉原の高級店で栄養ドリンクを出されたことはないですね。確か。

それと、「日野」の名前はやめて、「チナスキー」に戻りました。

白い白い

ついでがあって、京都からちょっと足を延ばして、アムアージュ行ってみました。
お試し70分、ランカーでもない普通の可愛い女の子。
内装は白くて綺麗で、でも黒服さんが固くて怖い感じ。
女の子を傷付けたら、治療費と休業保証ってサインさせられました。
ハンネでソープ通ってるのに、なんてサインすれば良いのやら?
サービスもいたって普通。多分女の子其々なのでしょう。
フルの金額出すなら、余程良い娘でないとねって思いました。

Re: 白い白い

春川さん

下の方は、とてもステキな方でしたよ。チャンスがあれば、ぜひ入ってください。予約取りにくいかもしれませんが。
http://fuzokudia.blog59.fc2.com/blog-entry-251.html

あと、4月にレポートした方も、とても良い方でした。

ありがとうございます

チナスキーさん

わざわざありがとうございます。
記事を読ませて頂いてましたので、若干承知しておりました。
今回は突然の思い付きでしたので。
ゆ○かさん、なかなか良かったですよ。
次はご意見参考にさせていただきます。

Re: ありがとうございます

春川さん

情報ありがとうございました。
私も春川さんの情報を参考にします。

雄琴探訪記1

いろいろコメントつけたりして何となく出かけることばらしてしまったので、自分の備忘録も兼ねて報告しないといけないでしょうかね。このコメントの記事のAV紹介は峰さんだったりして、ここにつけておきましょうか。それにしても今回の出張は仕事に、観光に、グルメに、そして風俗にと満喫してしまいましたよ。(そんなことは聞きたくないか。)

 アムアージュもかなり候補でチナスキーさんが紹介していた峰さん以外のの女性もみな人気嬢のようで、他に気になる女性もいましたが、初めての人の予約は前日からとなると結構予約がいっぱいになったりしていますね。
 それと在籍を眺めているとAV嬢が多い感じがするけど、さらに気になるの
が現役タレントとかいって特別料金になっている女性、って誰?
 雄琴の中でもお店として人気があるようで、今回は行きませんでしたがまたの
機会にはと考えています。

 前のコメントにも書きましたが、今回事前調査みたいなことでお店として面白いことをしているところをいくつか見つけてしまい、少なくとも吉原では聞いたことないような気がするし、全国的にもないんじゃないかとも思って、体験してみたいと思った次第でして。(アムアージュのピノもないと思いますけどね。)実際に体験してみるとなかなか良かったと思う反面考えるところもありました。

 ということでいつものことですがただ行ってきましたという話だけですめば
いいのですが、どうも私の場合いろいろ派生して考えることがあって文章が長
くなるようでして、今回も前置きの話だけでもすでに長くなってしまいました
ので、本編は別コメントということで。コメントの中でお店のシステムなんかも詳しく紹介していると長くなりそうなので、わかりづらくなるかもしれませんが興味があればお店のHPなどで確認して頂くということで了解してください。それではお楽しみに(していないかな。)。

雄琴探訪記2:京都発の健康が熱い

 鉄道ソープ、って何?
 私、学生時代は鉄ちゃんだったので今でもいろいろなところでついつい鉄道ネタには食い付いてしまうのですが、雄琴のソープを探していたら「みつらん鉄道0510」なるお店を発見してしまいまして、鉄道ソープとか言っているじゃないですか。鉄道とソープの共通点は何?結論としてはただの痴漢プレーでありまして、吊革につかまっている状態でのものでした。でもイメクラじゃないんだからソープで痴漢と言ってもねえという感じですよね。そこはお店の名前にもなっている「みつらん」なのです。
 実はこのお店京都市内の健康(すすきのでチナスキーさんが使ったこの言葉好きです。)で「三つ乱」なるお店があって、姫魅せとかいって15分で3人の女性が相手してくれて、その中から指名して健康プレーを楽しむというものでして、さらにこの姫魅せで鉄道痴漢プレーを採用したみつらん鉄道なる健康もありまして、そのシステムを雄琴でソープにもってきたみたいですね。ということは3人の姫と直接会って5分だけど痴漢プレーで少し味見をして指名するのです。チナスキーさんが根絶を訴え続けているパネマジなんて関係ない!まあ3人とも良くないなあと思うこともあるでしょうけど、誰かで妥協点をみいだしてお相手してもらえればダメージが少ないですかね。(プレー後で指名しても指名料が取られるのでさらにフリーでという選択もあるけど、それこそ何がくるかわからない。)
 ということで比叡山坂本駅でお迎えにきてもらいましたが、車には私ひとりで、初めてということで車の中で詳しくシステムの説明を受けました。(長くなるのでシステムの詳しいことは省略しますが痴漢プレーにも種類があったりして興味があればHPでご確認下さい。)早めの時間だったので待合室は私ひとりだったのですが、それからどんどんとお客さんが入ってきて開始時間には7,8人いたかなあ。皆さん車とかで自分で来るみたいで、結構人気のお店のようでした。そして痴漢プレーで姫をどんどん回していくみたいで、私は終わりの方の案内だったのですが、客の案内が2,3人同時を少しあけて繰り返して、待合室にいた客を一気案内していました。
 このお店はできてまだ1年程度で閉店したお店を改装して営業していますが、部屋に入ると最小限に手を加えた感じで、でも普通のソープと違うところは洗い場から上がったところで痴漢プレー用の吊革が2本ぶら下がっているのと、その洗い場との境目にカーテンがあるということ。これは私は選ばなかったけど夜這いプレーというものもあってそのためのもののようです。
 さて痴漢プレーですが、5分間で下着の上までのお触りで、あと会話もなしということ。でも3人の女性を実際に見て、触って、その反応を楽しんだりして自分にフィーリングに合った姫を指名すればいいですかね。女子校生に痴漢しているイメージで皆さん無理な感じのしない方々で(私は入ったことがないのですが吉原ではハニーコレクションが同じような感じになるかな。)、触った時の反応がいい感じだった最初の姫を指名いたしました。ソーププレイの方は湯船にお湯をはることはなく、シャワーで洗ってからのベッドプレーとなります。私の指名した姫は今時のギャルという感じでしたが、意外と話とかうまく合わせてくれたりして、いい雰囲気で遊ぶことができました。
 お店の人の話ではこの3人に痴漢プレーできることが人気だということですが、でもそれをメインに考えるならその後抜くことで入れることにこだわらなければソープでなく健康でも充分なのではないかと考えたりしました。やはり値段も違ってきますからね。

 やっぱり長くなりましたがもうひとつ。雄琴のソープもいくつかグループ店があってその中で健康の方から進出してきた感じのところがあるのですが、ここもそのひとつです。他にプルプルと名前に入っているグループがあるのですが、これも京都の健康からですすきのにも進出していますが、確か吉原でもメイドマスターができるとか話をしていた頃にプルプル倶楽部なる店ができていたと思います。京都発の健康には勢いがありますね。みつらんの方は痴漢プレーという特徴のあるプレーがあって独自性が高いですが、プルプルの方はただ健康から進出したからと言って何が違うのという感じがしていました。そのためかどうかわかりませんが7月末くらいで吉原のプルプル倶楽部は閉店したらしいです。吉原でお店を増やしていけているハニーコレクションとどこが違うのでしょうかね。
 あともうひとつ京都発の健康からのグループで大手町商事なるお店があったのですが、これは7月末に手入れがあって今は閉店しているようです。それなり人気はあったようで見せしめなのですかね。雄琴では何年かぶりの手入れだそうですが、ちなみにその前の手入れを受けた店はアムアージュだそうです。

 さて今回の出張でソープに行ったのは1回ではないのですね。もう1軒日を改めて出かけてしまいました。みつらんの方は料金が安い方のお店ですが、今度のお店はちょっと高い。そこも他では聞いたことないようなサービスがあったのです。ということでパート3をお楽しみに。

Re: 雄琴探訪記2:京都発の健康が熱い

ソープ好きさん

今回も長くなりましたね。

鉄道というのはあまり惹かれませんが、3人お試しというのは面白いですねー。
吉原でもやってくれないかな。特異なことすると邪魔されるのかな。

プルプル倶楽部が閉店になったのは知らなかったです。2、3ヶ月でしたね。
確かちょっと高かったんですよね。

雄琴探訪記3:こんなところで即プレー

 デリの方なんかで姫が部屋に到着して玄関でとりあえずということで出会ってすぐ即尺なんてサービスをするところもありますが、ソープでは待合室あたり出会って個室へと姫に案内されて行くことがほとんどのようで、その間でというわけにはいきません。でも聞いた(読んだ)話、二輪車で有名なある姫なんかは個室にたどり着くまでに他の姫やら客にまで見られながらも1回戦を終わらせてしまうとか。それとここも私は体験していないですが、吉原のある高級店では個室とは別に出会い部屋みたいな部屋があるらしく、紹介されてそのままなんでもありでやはり1回戦までいってしまうとか。出会い部屋は個室ですのでこちらはまわりを気にしないでできるのかな。チナスキーさんのレポートを読んでいると個室の中で二人っきりになって一戦を開始するまでの間合いを楽しんでいるかの雰囲気がありますのでこういったことにはあまり興味ないですかね。でも間合いとか関係なくとにかく始めようというような願望ってありませんか。

 というわけで雄琴の2件目はまさかこんなところでという感じでプレーがいきなり開始していきます。まあそれが終わってしまうと後は普通にソープです。でもその最初のところが面白そうで体験してみたいなと思って今回お店として選びました。こういう奇を衒う感じのサービスをするところはたいしたところではないのでは思うかもしれませんが、お値段的にはアムアージュクラスの一応高級店でしょうか。建物、内装やサービスなどそれなりの感じで、このクラスでそんなことしなくてもねとも思います。それがお店の売りというわけでもないようでお店のHPを見てもこんなことするとは一切書かれていませんが、ネットなんかでの体験記を見るとそういうシステムになっていることがわかります。それを知って期待してお店に来たのですがなんかワクワクしていました。以下、レポートとしては何も知らなかった風にしてみます。

 お店の名前は「アマンクロス」です。なんかアジアン高級リゾートをイメージした名前らしく、お店の中もそんな雰囲気。店員なんかもそういう服装です。そういえば女性店員がいたのですが店長が女性らしく、その人なのかな。HPを見ると雄琴といわず全国的にトップクラスとされるお店とか川崎の確かチナスキーさんがお気に入りのお店も含まれるグループ店のいくつかとリンクしています。雄琴と川崎で何か関係あるのですかね。
 例によって坂本駅に迎えに来てもらって、今回は他に2人いて3人で一緒。車の中でも特に会話なし。(普通ないよね。私は店員と二人だけだと結構話しかけたりしていますけどね。)お店に着いて中に入るとすぐに受付カウンターがあってそこで入浴料とか払います。こうやって3人一緒で来ると順番に並ばされて待っているのでなんか居心地が良くないですね。
 受付が終わって左手隣の待合室に通されると、これもリゾートということでしょうけど他と違う雰囲気で椅子がない。(お店のHPで写真があります。)一人分のスペースがカーテンで仕切られていて、その中にマットレスが敷いてあり、待っている間は自然と寝転がっているしかない。そのようなスペースが一列にずっと並んでいます。カーテンは透けていますので、横をみれば隣の客がどうしているかシルエットとしてはっきりとわかり、なんか丸見えみたいな感じもします。
 この店も案内される時間が2時間毎で決められていて、予定時間にむかって待合室はほぼ一杯になっていたのでしょうか。たぶん予約客が全員揃ったところで、なんと接客するCA風の装いの姫達が全員、相手をする客のいる順番に一列に並んで入ってきて、そのまま担当する客の前にやってくるのです。そうなると自分より先の方に行く女性の姿が一瞬とはいえ見えてしまいますね。これもちょっとした顔見世なのでしょうか。私は残念ながら奥の方だったので少ししか見れませんでしたし、一瞬でよくわからなかったなあ。
 さて私の今回のお相手は、予約の時に人気嬢とかがみないっぱいになっていて、開き直って新人割引とかあったのでまだ入店したばかりの新人さんです。終始ニコニコしていてこちらも安心してしまう。寝転がっている私の足下にやってきて挨拶と名前の確認をし、私も返事しながら少し起き上がるような感じになるとそのままでというような仕草をしてさらに寄ってきます。私が仰向けになると姫は乗っかるようになって私と顔を合わせてまずディープキッス。キスをしながら姫の手は何となくあそこにやってきます。キスはいったん終わらせ、あそこもなんとなく反応しているのを確認すると、ずっとニコニコしながらこんどはベルトに手がかかります。そのまま下の方ははいているものがずらされてあそこがでてくるとおいしそうにパクッとしてしまいました。えっ、ここでもうそこまでやってしまうの。そんなんで姫の相手をしているのが目一杯。まわりの状況を見ている余裕なんて本当ありませんでしたが、私の片方の隣の客はこのようなことはしないですぐに部屋に向かっていました。もう片方は私と同じように楽しんでいるようで、上にも書いてあるとおりシルエットで丸見えです。多くの方々が一斉にしゃぶっていますので、その光景を想像してみて下さい。私は反撃とばかり服の中に手をいれて揉んでみたりしていますが今ひとつうまくできなかったなあ。暫くして後はお部屋でということになり身なりを戻して個室に案内されました。待合室でどこまでできたのでしょうかね。姫の方も少し脱がせてみたりしても良かったのかな。まわりの目というものが本当にありますのでさすがに1回戦というわけにはいかないですかね。でもちょっと気持ち良くなってから一端我に帰って個室に向かわなければならないことが微妙です。
 案内された個室も当然リゾート風で広かった。ベッドが大きくて広いし、洗い場も広くて浴槽が広い。デスクと椅子まであった。(HPに写真があります。)二人で部屋に入ると改めてということで姫が三つ指付くように挨拶を始めてきたけど、私は既に気分は盛り上がっていますので、そのままベッドに引っ張り込みましてお互いに脱がせっこしながら服は散らかして1回戦へと突入していきました。途中私がベッドで仰向けになると、天井に鏡があるのに気がつきまして(HPの写真でわかります。)、この位置の鏡は始めてのような気がし、姫が私のまわりでいろいろやっているのが写り、自分のことだけどなんか覗き見ているような感じもしてさらに気分が盛り上がります。
 まああとは普通にソープかな。姫はソープは初めてだけど風俗歴はあり、マットもやってくれたけど、ソープのプレーをお店で学びたいというようなことまで言って、ややポチャだったけどそれも悪くないかなあという感じで、いい意味で接客慣れもして、私なりに楽しい雰囲気の中遊ぶことができました。出張先なので次はいつになるやらわかりませんが裏をかえしてもいいかなとも思ったりしたけど、帰ってからHPを見ていたらその後暫くして出勤がないままやめていました。やる気があったように見えたけどどうしたのかなあ。
 待合室のことは人それぞれの受け止め方になるかと思いますが、それを含めて私はお店としてまた来てみたいなと思いました。私に付いた姫はいなくなったので今度はプレミアム嬢で鉄板のお楽しみを体験したいかな。

 で、あともうちょっと一連の体験記の考察みたいな話もしたいけど、今回も一段と長くなってしまいましたので、とりあえず今回はこれで終わりにします。

Re: 雄琴探訪記3:こんなところで即プレー

ソープ好きさん

いつもに増して長いですね。途中で改行を入れていただくと助かるんですが・・・

有料記事にしたんですが、川崎で案内部屋まで迎えに来るという店がありました(知ってても言っちゃだめですよ。有料記事なので)。私はそのシステムのことを知らなかったので、びっくりしました。迎えに来るだけじゃなくて、ソファの隣に座られて、「え?え?」みたいにたじろいでいるところ、迫るようにキスをされたのは、あれは興奮しましたねー。やっぱ、風俗って事前に下調べしない方が楽しいんだろうなと思いました。何も知らなかったので。

「アマンクロス」は私にコンタクトしてきたあるブロガーさん経由で名前を知りました。今はもう更新していない風俗ブログです。私はブログを書いているので、どちらかというと、そのブロガーさんがアマンクロスの他の客にめちゃめちゃ叩かれていて、そのことをブログにネタとして書いていて、そういう印象が残っています。

Webで内装の画像を見ましたが、超オシャレですね。お隣(?)の金津園と福原はボロい店が多いという印象なんですが、どうしてこうも違うんでしょうね。

プレイの流れはちょっと慌しそうですが、一回は経験したいですね。話(ブログ?)のネタにはなりそう。

雄琴探訪記4:ピンサロソープ

 何か長いことほったらかしにして申し訳ありません。前にも似たような言い訳したような気がしますが、仕事やら何やら個人的なことでゆっくりしていることが少なくて、まあ風俗に出かけることは定期的にやっていますが、新規開拓のためにネットを見るようなこともしなくなり、もっぱらお馴染みさんばかりに出掛けていたような状態でした。(デリヘルが結構多かったなあ)
 さらに何を書こうとしたのか忘れかけたりしていたのですが、実はまた京都に出張に行くことになり、リターンマッチやらチナスキーさん御用達やらどこか行かないとね、と考えるようになり、そういえば書かないなあ、ということになりました。体験記だけ勢いで書いておいて良かったです。いろいろ記憶が薄れてきたりするのですが、今読みかえすといろいろ思い出してきます。

 最後に総括みたいなことを書きたいなと考えたいたのですが、私が本当に頭の浮かんだのは雄琴のソープってピンサロみたいだねということです。といっても私、ピンサロなんて大昔に数回行ったっきりで最近はどんなになっているかは知らないのですが、私なりのピンサロのサービスのイメージとしてはまずは「花びら回転」ですね。二人同時の二輪車とは違う。みつらん鉄道のサービスなんてちょっと違うかもしれないけど花びら回転だよね。さらに調べてみると、なんでそう言われているか知らないけど三大ソープと言われているひとつが雄琴にあって、そこではまさに花びら回転サービスをやっているみたいです。月に何日か限定で、その日はそのサービスだけになるらしいけど、トリプルフェイスとか言って入浴時間を3等分して順繰りに姫が交替していくらしいです。アマンクロスはその系列店のようですが、メルマガとか見ていたらかなり前に一度時間半分で姫が交替するサービスをやったようですが定着しなかったみたい。ピンサロのサービスとしてはこういうことは成り立ちますが、ソープだとどうでしょうかね。ベッド、マット、椅子、浴槽などいろいろサービスするところもあるので、交替してどこでどうするのみたいなことにもなるしね。実際どんな感じになるのか試してみたい気もするけど、なんか落ち着かなくて嫌かなとも思います。チナスキーさんはいつも姫のことを中心にしたレポートになっていますいますが、こういったサービスの方から攻めてみるレポートも期待したいかなとか思ったりします。(つまり代わりに体験してきてよということか。)調べてみると吉原とか他でも少しはやっているところがあるみたいですね。

 あとアマンクロスの待合室サービスは完全にピンサロそのものですね。もっともピンサロだと最後発射させますがソープではさすがに無理みたい。でも階段踊り場とかトイレでやったとかいう話はあるんですよね。本当かなあ。実はこのサービス、私はちょっと気に入ってしまったようで、次回また行きたいなあと考えていたりするのです。
 ついでに自分のお相手の姫だけでなく他の姫の顔見世を何となくしてしまっているところもピンサロ的なところかなとも考えています。ピンサロのお店の中って大きなワンフロアで、客ひとりひとりはソファで仕切って一応占有スペースになっているけど、まわりは丸見えでお互い様という感じかと思います。吉原だと廊下などで交通整理して他の姫の姿なんて絶対にみせないですからね。姫の方も客が他の姫に目移りしたりするのを嫌がっているのではないかと考えています。雄琴の方はおおらかですよね。みつらん鉄道なんかでも待合室の外の見えるところで姫と店員が話していた。でも吉原でもかなり昔に入ったところで姫が待合室の方にお迎えに来てくれるところがあって、他のお客にも完全に見えてしまうところもあったなあ。

 ソープの方は結局部屋に行ってやることになり、ピンサロとはもちろん違いますが、でもソープでこんなこともするんだなという感じです。
 たかが二つのお店だけで雄琴はなんていうのも何ですが、ちっと強引ですが私にはピンサロ化したソープという印象でした。

 ところで今度雄琴行くのにチナスキーさんはやはりそこしか行ったことがないからアムアージュをお勧めするしかないのですよね。お店もさることながらレポート以外でお勧め嬢とか、新人情報とか。最近HPをまたチェックしているんだけど、チナスキーさんの最初のレポートの人はレア出勤の人気嬢になってまあ初めてとなる私では予約は無理そうで、他の人も結局人気嬢は無理だろうし、掘り出しを狙ってもプロフからで今ひとつピンとこない状態でしてね。

 それと雄琴のお店のこと、ネットなんかで情報収集をしてみたら面白いことが起きています。吉原進出に失敗したグループの雄琴のお店に他店の実績のある姫がどんどん移籍しているのです。チナスキーさんのアムアージュレポートの二人目の姫も今はそこにいますね。すぐにキャンセル待ちとかになっている姫も多いです。集客力のある姫を集めているのでしょうかね。ここも気になるなあ。

 どこいこうかな。
 (いつもの長文ごめんなさい。どさくさに紛れてチナスキーさんに頼んだりしていますが、チナスキーさんも気にしないで無視すると思っていますので大丈夫です。)
プロフィール

Chinaski(チナスキー)

Author:Chinaski(チナスキー)
自称「日本一文章が長い風俗体験ブログ」をやっているアマチュア社会派風俗ライター。名前の由来はこちらをご参照ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
風俗店ご紹介
お店に行く時は「チナスキーのブログ見た」で、対応が良くなるかも・・・? aquapalaceアクアパレスの最新記事はこちら

AMOUAGE アムアージュの最新記事こちら
風俗情報サイト
ソープランドガイド Soapland Guide

風俗Q&Aドットコム(私も掲示板に登録しました) 風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト
有料記事
初心者向け記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
チナスキーのつぶやき
訪問者数
提携サイト
「瞬間にこだわるAVレビュー」
ひっそりと大幅リニューアル。

「EGWeb」
“女を求めるは男の本能”男の欲望を追求し続けるアダルト情報ブログ。マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。
チナスキーにメールを送る
ご質問、苦情等はこちらからお願いします。ご相談の場合は、先ずはこちらをご覧ください。ご意見、情報交換、コメント、どんどん送ってください!
ブロガーのためのアフィリエイト紹介
アドデラックス:唯一の(?)風俗店の広告を扱うASP。クリック保証型。
DTI:カリビアンコム、一本道等を運営する、アダルト系ブログでもっとも登録されているサービス。

SBS:低価格動画配信サイト。DTIより低価格なので重宝します。 SBS_アフィリエイトプログラム

APEX:有修正動画を扱うDugaを運営。登録した会員が購入したすべてのビデオに報酬が発生。 アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム