FC2ブログ

吉原ソープを中心とした風俗体験日記

写真詐欺、許さない。写真修正を何よりも嫌う管理人=チナスキーが、吉原ソープを中心に自らの風俗体験を綴ります。プレイ内容や写真との違い、店員の質も評価します。「大人の男性」が楽しめるブログを目指しています。

Selection(川崎) - ハーフ系の美しい女性でした

本記事は、元々有料記事として掲載されたものです。レポート対象のビジネスパーソンが退店したため、記事を公開します。(2016年12月23日追記)

今回のお店の名前は、川崎のSelectionです。ビジネスパーソンの名前はEr○nさん。先ずは彼女のブログをご覧ください。

なかなかの美人でしょう?

【お店データ】
場所:川崎
支払った総額:26,000円(75分)
フリー or 予約:予約
営業時間:10時~24時
入店時間:土曜日18時00分頃入店
待ち時間:10分
混み具合:他に1人


【お店の雰囲気と店員さん】
初めての川崎ソープ。ソープ街らしく、駅からかなり歩かされた。若干遅刻気味だったが、Selectionはソープ街の端(川崎駅から見れば手前)にあり、すぐに見つかった。

店に入ってまず目に付いたのが、タッチパネル式の入浴券の券売機である。こんなものを置くメリットがあるのかとも思ったが、入浴料をこの券売機で払い、残りを女の子に直接渡すというシステムらしい。

この店は、初めての指名のときはメルマガに登録していれば、入浴料が半額になる。頼りなさ気なボーイにメルマガに登録していると伝えたところ、メールアドレスを聞かれ、本当に登録されいてるのか確認をされた。

支払いを済ませると、奥の案内部屋にとおされた。喫煙部屋、禁煙部屋が分かれており、吉原の基準からすると、いずれも異常に広い。内装は綺麗だが、若干目がチカチカした。ゴージャスなソープというのも妙なものである。


【女の子】
たいそうな美人だった。ハーフ顔、と言うよりもハーフにしか見えない。ダレノガレ風というかマギー風というか、AKBにいた河西さんさん的というか、そんな顔をしている。声もハーフらしく甘い。年齢は25か、もう少し若いくらいだろう。

日本人らしからぬ白い肌。胸の上辺りにアマゾン川とその支流のような血管が透けている。綺麗なお目々にナチュラルアヒル口。

下腹部の肉付きは少し気になった。屈んだり座ったりすると、パンツに軽く肉が乗る。でも、綺麗な顔と抜群に綺麗な肌、柔らかくて優しい物腰に、彼女の肉付きはしっくりとマッチしていた。ポッチャリではなく、ムッチリ体型といったところか。


【サービス】
その日は暑かった。川崎駅から迷いながら店まで歩いた私は汗をかいていた。

彼女は私と会話をしながら、一枚ずつ私の服を脱がしていった。私のシャツを脱いだときに、「ホントだ!汗で濡れてる!」と笑いながらシャツをまさぐった。

彼女は、明るくノリが良かった。知性を感じるほど深い会話はしなかったが(我々はほぼ全時間をエッチなことに費やした)、少なくともアホには見えなかった。

彼女はブラジャーにホットパンツという恰好だった。ブラジャーを取るように私に寄ってきた。それを取ると、桃の肌のような乳首が露出した。薄いピンクだ。薄いくせに光っている。

パイオツは大きく、心地よい柔らかさだったが、肉付きのせいか、トップとアンダーの差は大きくはない。だが、白い胸にピンクのいただきという視覚の前では、落差などほとんど気にならなかった。

「それじゃ、最初にシャワーにしますか?」

「そうしよう」

そう言いながらも、我々はどちらも立ち上がらなかった。彼女の顔が近づいてきて、キスをされた。バッチリ濃厚なやつだ。彼女の唇がウニウニと私の下唇を挟み揉んだ。

私は彼女の胸に吸い付いた。どうやら胸を吸われるのは嫌いではないらしい。膝立ちしていた彼女はホットパンツを、膝まで降ろした。

彼女は足を床に着けたまま、ベッドに上体を預けた。そのベッドはベッド界では小型の部類に入るだろうが、吉原の診療台の2倍の広さはあるように感じられた。

私はパンティーを履いたままの彼女の背中に舌を這わせた。甘い、甘い喘ぎ声が聞こえた。Tバックではない下着をオマンコに食い込ませるように引っ張りあげる。欧風なルックスとは裏腹に、オマンコ周りは手入れがされていなかった。肛門周りにも毛が見える。そのギャップに私は興奮した。

全裸にすると、彼女は私に覆い被さってきた。私に顔を近づけて、ニッコリ笑いながら、

「もう、シャワーはナシにしちゃおっか?」

「汗かいてるけど・・・」

「いいの!いいの!」

そう言って、彼女は私にブチューをした。

「ねえ、2回できる人?」

多分、できない。

「じゃあ、できたら2回しましょ」

仰向けになっている私に乳首と舌を這わせて愛撫をしてくれた。フェラチオは丁寧かつ、時間をかけてくれた。どちらかというと、咥えるよりも、舌先で下から上に、上から下に刺激する攻撃パターンだ。その動きは、繊細でスローだった。その部屋はベッドが置いてある壁が鏡張りになっていた。私は美しい女が私のペニスに舌を伸ばす画を、じっと眺めていた。

夕方であり、私は汗をかいていたことを考えれば、即Rimがなかったことは当然だ。それは彼女が判断するところだ。

フェラチオが終わると私が彼女を攻めた。真っ白な背中を唇と舌で愛撫した。若干太めの足も内側を中心に舐めてやる。そしてRimingへ。美尻穴とは言い難かったが、私は興奮してペロペロした。四つん這いになるように言ったら、素直に応じてくれた。彼女はRimingを嫌がらなかった。彼女のへのRimingは、美しい女の最も恥ずかしい部位をペロペロさせていただくという、人生のささやかな悦びがあった。

Rimingが終わったら、仰向けにさせてクンニリングス。舌の動きを変化させつつ、反応をみた。舌を早く動かすと反応が大きくなったので、舌を素早く上下させた。だんだんとエ○ンちゃんの腰が浮いてきて、私の舌の前で上下に動き始めた。

「ダメ、ダメ!ヤバイ!いっちゃう!」

腰の動きが激しくなり、彼女は何度もイキそう!イキそう!と小さく叫んだ。イキそうと言いながら、なかなかイカない、女っていつもこうだ。私は懸命に舌を動かした。ふいに彼女の腿に力が入るのを感じたかと思うと、私の首をヘッドロックしてきた。ギューっと両耳の辺りを柔らかく温かい万力で挟まれた。彼女の声がミュートされたみたいに途切れ、仰け反っているのを感じた。足の力を消えていた。ためしにペロっと舌を動かすと、もう一度ビクンと仰け反った。

私は彼女の隣に横になり、彼女の頭を持ち上げ(重かった)、彼女の肩をつかんだ腕で枕を作った。15cmくらいの距離で顔を見合わせて、あいている方の手をオマンコに伸ばした。指で割れ目をなぞると、軽く濡れている。彼女は切なそうな目で、じっと私の目を見ている。可愛らしかった。

鏡の前でオマンコをおっぴろげて、指を走らせるなんてこともした。

1回目の合体。彼女は隠し持っていたゴムを私に被せた。下半身がふくよかな彼女に乗っかり、揺れた。キスをすれば、背中に腕が回った。

疲れていたこともあり、私はなかなかイカなかった。しばらく合体を楽しんだが、一旦休憩をした。

リフレッシュするために、シャワーを浴びたいと言った。彼女は快諾した。

シャワーから戻り、ベッドに横になる。彼女はまたキスをしてくれ、胸と唇で愛撫をしてくれた。今度はフェラチオを短めに済ませ、ゴールデンボールズに進出してきた。

だんだん舌が下に降りてきて、私の肛門に触れた。私が少しオーバーなリアクションをすると、彼女は私の尻を持ち上げて、本格的なリミングをしてくれた。そりゃ気持ち良かったさ。若くて綺麗なねーちゃんに、ケツの穴を舐められるんだ。こんなに素晴らしいこたは、他にいくつもないよ。

時間が迫っていると感じた私は、もう一度彼女の上に乗るために起き上がった。オマンコを触診すると、さっきよりも濡れている。

「さっき潮が出る直前ぐらいだったの。滅多に出ないんだけど」

男には到底理解できない説明だった。

今度は正常位をそうそうに切り上げて、バックから突いた。デカい尻を股間で打つ。彼女の背中が曲がったり、伸びたりしている。尻を掴んで臀部を開くと、生々しいケツの穴が浮き出てきた。私は一心不乱に腰を振った。

トルルルルルーーーっ

風俗店特有のあのコールが鳴った。私は腰を振りながら、部屋を見回した。時計は見つからなかった。彼女は、コールの音など聞こえなかったかのように、アハンアハン言っている。彼女の両肩を掴んで、より激しく腰を振った。彼女の声が大きくなる。

射精をしてからも、ペニスが脈打つのに合わせて、ゆっくりとしかし確実に腰を突き入れた。ドスンと打ち付けるたびに、彼女が大きく喘いだ。私が体を離すと、彼女は四つん這いのままこちらを振り向き、キスを求めてきた。


【まとめ】
彼女の接客は柔軟で、75分の流れを2人で作ったという感があった。ガールフレンドとしているような感覚だ。最初の簡単な挨拶のあとは、ずっとエロいことをしていたので、落ち着いて会話をする時間がなかった。90分にすればよかった。

彼女は天真爛漫といった人柄で、明るくエロかった。反応は普通だったが、オルガズムのときのカラダの伸縮に興奮させられた。前述のとおり、ややふくよかな体型ではあるものの、多くの男にとって彼女は魅力的に見えるだろう。あの綺麗に整った顔、透き通った白い肌は、簡単に遭遇できるものではない。それにあの甘い声。

店の写真を見ると、体型は間違いなく修正をしているだろう。顔は彼女のブログに掲載されている写真のとおりだ。それらの写真から、なんとなく彼女の体型も想像できる人もいるだろう。

今回、初めての川崎ソープだったが、建物の綺麗さや部屋の豪華さに驚いた。吉原のくたびれた雰囲気は嫌いではないが、あの広いベッドは羨ましい。

ただ、店で他の子のパネルを見る機会がなく、店員と会話できる雰囲気もなかった。帰り際、店の中で綺麗な女性とすれ違って、軽く会釈をされた。

「彼女の名前は?」

ボーイに聞いたが、

「多分当店の女の子ではないので分かりません」

とのことだった。よく意味が分からなかったが、それ以上は聞かないことにした。

なお、この記事に対するコメントは閉じられてはいるが、1000円払えば誰でも閲覧できる。ほとんど公開と変わらない状態だ。仮に彼女がハーフだったとしても、「○○人とのハーフらしい」といったプライバシー情報は書かないようにお願いする。下手すると、書き込んだ本人が特定されるリスクも認識してほしい。


【5段階評価】
総合満足度:5
費用対満足度:4
ボーイさん:なし(予約だったので)
女の子ルックス:5(ハーフ系美人)
スタイル:3(太ってはいないが)
サービス:5(カジュアルでエロい接客)
嬢の印象:ハーフ
写真とのギャップ:顔はブログの写真と同じ。体型は修正されている。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

チナスキーさん、最初の有料記事、どきどきしながら読ませていただきました。
毎回読むのを楽しみにしているのですが、今回はさすが!特に興奮しましたよ。

いつも吉原にしか行かないのですが、この記事を読んで、川崎にも行ってみようか!
なんて、思ってしまいました。

このお店のホームページを拝見してみたのですが、魅力的な女性が多い様ですね。
ただし、私の気になる女性は、ほとんど私が登楼できる時間帯には出勤予定が無い様です。

でも、今回ご紹介いただいた女性には、是非とも入ってみたいと思っています。
仕事をお休みする口実を考えなくてはなりませんけどね。

Re: No title

おじさん。さん

ブロマガを買っていただいてありがとうございました。
次回は吉原でお金を払う価値がある優良ビジネスパーソンを発掘したいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

プロフィール

Chinaski(チナスキー)

Author:Chinaski(チナスキー)
自称「日本一文章が長い風俗体験ブログ」をやっているアマチュア社会派風俗ライター。名前の由来はこちらをご参照ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
風俗店ご紹介
お店に行く時は「チナスキーのブログ見た」で、対応が良くなるかも・・・? aquapalaceアクアパレスの最新記事はこちら

AMOUAGE アムアージュの最新記事こちら
風俗情報サイト
ソープランドガイド Soapland Guide

風俗Q&Aドットコム(私も掲示板に登録しました) 風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト
有料記事
初心者向け記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
チナスキーのつぶやき
訪問者数
提携サイト
「瞬間にこだわるAVレビュー」
ひっそりと大幅リニューアル。

「EGWeb」
“女を求めるは男の本能”男の欲望を追求し続けるアダルト情報ブログ。マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。
チナスキーにメールを送る
ご質問、苦情等はこちらからお願いします。ご相談の場合は、先ずはこちらをご覧ください。ご意見、情報交換、コメント、どんどん送ってください!
ブロガーのためのアフィリエイト紹介
アドデラックス:唯一の(?)風俗店の広告を扱うASP。クリック保証型。
DTI:カリビアンコム、一本道等を運営する、アダルト系ブログでもっとも登録されているサービス。

SBS:低価格動画配信サイト。DTIより低価格なので重宝します。 SBS_アフィリエイトプログラム

APEX:有修正動画を扱うDugaを運営。登録した会員が購入したすべてのビデオに報酬が発生。 アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム